☆Keiko Walkerの気になること、気になるもの
Official Website→http://keikowalker.com

☆2020年10月よりStand FMよりラジオ放送をスタート致しました。
気ままに更新中です!みなさん聴いてください〜!
https://stand.fm/channels/5f70b47bf04555115d1dc7ee

☆只今前Blogよりこちらのブログへお引っ越し中です。
徐々に過去の記事もこちらで見れる様にUploadしています。
もうしばらくお待ちください。

☆2020年3月より予定しておりましたライヴ、イベントなどは現在のコロナウィルスの状況により全てキャンセルさせて頂いております。今後のライヴ、イベントが決まり次第皆様にお知らせさせて頂きます。

Country Music

待ちに待ったEaglesの新譜が昨日届きましたよ!
もうね、涙流さずには観れませんでした。
バンドと言う在り方、
バンドの歴史。

eaglesnew

小学生だった私に楽しみを与えてくれたバンド。
中学、高校と学校から真っ直ぐ帰りレコードでEaglesとPocoを聴くのが唯一の楽しみ。
SonyからWalkman(カセット)が出てからはどこへ行くにもずっとEaglesを聴いていた。
常に一緒にいた気がします(笑)
解散していた時期も長いし、
正直彼らが長い髪を切り、ソロになりサウンドがカントリーロックから離れた時には
もう良いかな。。。と
聞かなくなってしまった。

2016年にGlenn Freyが亡くなった。
亡くなるまでの再結成後のライヴ画像などは懐かしさと何だか歳を取り、楽しそうに演奏する彼らを観て、良いね、歳を取るのもと思いました。

今回はGlennのいないEagles、
初めの方に息子のDeacon FreyがTake It Easyを歌ののだが
長い髪に髭、そしてSunglassesを頭にかける姿は私が大好きだった70年代のGlennの姿そっくり。
その若い頃のパパそっくりのDeaconの後ろでドラムを叩きながらハーモニーを歌う歳を取ったDon Henleyのツーショットに先ず号泣しました。。。

そしてやはり子供の頃から好みの男性はTimothy B. Schmitかジュリーでしたからね(笑)
Timothyのグルーヴと包み込む様な重低音は今でも世界一です!
なんせとてもShyで人の優しさが昔から見えていましたが今回のMCでもしっかり自分の前にいたRandy Meisnerが今日会場に来ていると紹介していた。
今回はいつも弾いているSunburstのFender Jazz Bassはもちろん弾いていましたが今回はFenderの黒、赤、白も弾いていた。Don HenleyのSolo曲で弾くFenderでは無いBassはいつも通りですが今回は持ち替えが多かったな〜なぜだろうと気になって仕方がない・・・
Bassistでも無いのに、私(笑)
まあ何弾いてもTimothyサウンドなので満足ですが❤️

timothy


Glennが亡くなりVince Gillが入るらしいと聞いた時にはなんの違和感もなく凄く楽しみでした。
やはりそこは全く裏切らず凄くフィット感のあるVocal。
昔からテレキャスのイメージが強いVinceが今回はLes Paulを弾いていた。
とても新鮮❤️
僕が61歳の新しいメンバーだよとMCで言っていた。
Vinceが歌い終わると毎回Joe WalshがVinceの方を向き、にっこり笑って拍手をする姿が素敵だった!Ol'55はVinceなんだとちょっとびっくりでしたが物凄く良かった〜!
そのOl'55で1曲だけPedal Steel Playerが登場するのだが、ブロンドで長髪の凄く雰囲気あるミュージシャン、誰?誰?となりエンドロール見てもブックレット見てもクレジットが無い。。。。。
夜中に誰だろうとTweetしたら見ていた私の古くからの友人でNashvilleに住むやはりPedal Steel PlayerのJoshua MotohashiがコメントをくれてJoshuaの友達のミュージシャンBruce Boutonに聞いてくれてMilo Deeringだと言うっことが判明!!
BruceさんはGarth Brooks、Keith Urban、Shania Twainなどと仕事をするミュージシャンと知り、、何だか恐縮です💦お騒がせしちゃって。
Miro DeeringもLeanne Rymes、そしてDon Henleyと仕事をしているミュージシャンでした。

そうそう、Don Felderが首になってからサポートメンバーとして入ったSteuart Smithがやはり最高ですよ!
カントリー系のギターリストらしいですがDon FelderもBernie LeadonもこなしてしまうGuitaristです!

Glennの居ない今、オリジナルメンバーは結局Don Henleyだけになってしまった。。。
ステージでのメンバーの立ち位置、凄く考えられた感じが素敵。

eaglesalbum


兎に角私が子供の頃から大好きだったEagles、Poco、Pure Prairie Leagueが合体した現在のEagles、最高です!!!
見たい!逢いたい!!



  

久しぶりに真面目に音楽のこと書いてます・・・

2016年にGlenn Freyが亡くなってから初めてと言うことですが、Eaglesが新譜を10月16日にReleaseする様です。
Country Artist, Vince Gill、そしてGlennの息子、Deacon Freyが加わってのThe New Eagles!!
元々のメンバーはTimothy B. Schmit、Don HenleyとJoe Walsh。
3曲程音源が聴ける様になっていたので聞いてみました!
不思議ですね、この人達聴くと一気に私の10代、20代にFlash Backいたします。
この人達のお陰で今でも男はロン毛!(笑)

早速3曲聴きましたよ〜!
私が一番好きな”Lyin' Eyes"!
もちろん当時、小学生の頃、Take It Easyから入っていますが、
(一般的にはHotel Californiaから入っている方が多いと思いますが)
1980年にUrban CowboyのSoundtrackに入ってからはこの曲が一番好きですね〜〜!
今回のアルバムではこの曲はVince Gillが担当している様です。
出だしからVince Gill節がちらほらと登場しますが元々カントリーっぽい曲だから心地良いですねー。
そしてギターのFillもめちゃめちゃカントリー。
サビ前のブレイクが最高です!!!(やっぱりカントリー大好きなんですね、私・・・)
Vinceなのでしょうか?
あれ、Joe Walshだよって言われたらビックリ仰天です(笑)
そしてピアノは誰なんだろう。。。
素敵です。

Take It Easyは流石やはり息子だけあってこちらも良いですね〜。
お父さんのあの甘い声質とは少し違く、もう少し男っぽい声。
兎に角Harmonyの天才、TimothyとVinceがいるから気持ちが良いです!

公開されている3曲の最後はHotel California。
こちらは原曲のままもちろんDon Henleyが歌っているから当時のまま。
当時のままと言うのも凄いですよね。
今のDonの年齢であの高いKeyが出るって凄い!
GuitarはもちろんJoe Walshですが、Don Felder役は誰が弾いているんだろう・・・
昔からですがこの曲、普通はギターでしょうが私はTimothy のベースラインを聴いてしまいます。
たまりません❤︎
残念ながらTimothyの歌は公開されていないのでこれは10月16日を待つしかありませぬ・・・

Tomothy-B-Schmit

しかし見てくださいこのTimothyの姿!
72才ですよ!!
ジャズベが今でも良くお似合いです❤︎
惚れ惚れ致します。

1 2CD+Blueray
2 2CD+DVD
3 2CD

      






きのうは目黒カントリーのライヴハウス、「LITTLE TEXAS」で
DAVE久保井さんの代わりを務めました。

久しぶりに会ったミュージシャンやカントリーファンの方々、
懐かしく、とても楽しい時間を過ごしました。

急なお話だったので準備の期間も少ない中、
ミュージシャンの方々みんなが暖かく迎えてくれました。
バンジョーの中沼浩くんが譜面書いたり、仕切りをしてくれて安心。
中沼くんとはずいぶん長いお知り合いになりますが、
とても久しぶりでした。
今回初めてお会いする方や、そして中沼くん以外は
みんな始めて音を一緒に出す方々ばかり、
みんな本当に一生懸命演奏してくださいました。
ありがとうございました!
banjo.jpg
中沼くんといえばこのバラ柄のバンジョーが昔からとても印象的。
今回もぜひまたお目にかかりたいなと思っていたので、
持ってきてもらえて嬉しかった!
なんせ、全部ピンクです可愛い~!
TONYも来てくれて1曲歌ってくれました。
何だかみんな暖かいな~~~!
waffle.jpgそしてテーブルのメニューの写真が気になり、
ステージで食べた~いと思わず言ってしまった「TEXAS WAFFLE」!
分かる?テキサス州の形になっているんだよん!
終了後頂いちゃいました~!

超~美味しかった!ごちそうさまでした♪
xmasline.gif

10年一緒に演奏していた元 KEIKO WALKER BAND のドラマー、河崎真澄から電話をもらい、行って来ました~! 真澄ちゃんに逢うのもとても久しぶり! 2003年に私の大好きなギターリスト、 JAMES BURTON と私がツアーをしたのをしっていたので、今回真澄ちゃんが叩くらしく、「遊びに来ない?」と声をかけてもらったので遊びに行って来ました! 

私の1番の FAVORITE GUITAR PLAYER である JAMES BURTON。私の20代は殆どと言って良いくらい、ジェームズのギターを聴いていました。 JAMES BURTON は ELVIS PRESLEY のギターリストとしてとても有名ですが、私にとってのアイドル、EMMYLOU HARRIS の HOT BAND の初代ギターリストとしても有名です。 20代の頃、ほんと、よく聴きました! 

jameskeiko.jpg

2003年にツアーのお話を頂いた時は本当に嬉しかった~! 「湯川れい子 PRESENTS、JAMES BURTON TRIBUTE IN JAPAN」東京公演2本、そして大阪ディナー・ショーと合計3 CONCERTS をご一緒させていただきました。 私はエミルー役として、MYSTERY TRAIN、OOH LAS VEGAS、TOGETHER AGAIN の3曲をご一緒させていただきました。 今回お逢いした時、「TOGETHER AGAIN を演奏する度、ケイコを思い出すよ」と言ってくださってとても光栄です!

今回もJAMESの息子さん、JEFF BURTONもいらしていました。そして、今回はジェフのお嬢さんテイラーも来ていました!5年前は彼女は8才でジェフから写真を見せてもらったり、話をたくさん聞いていたので今回は逢えて嬉しかったな~!と~っても美人さんです!

jefftaylorkeiko.jpg

本日のショーのラストの曲は ELVIS で有名の「AN AMERICAN TRILOGY」でした。この曲、私は子どもの頃、とても好きでレコードをかけて聴いていました。 そして、以前こちらもツアーをご一緒させて頂いたエルヴィスのコーラスグループ、THE JORDANAIRESが必ずショーで歌っていた曲なのでとても思い出深いんです。改めて、ELVISのヒット曲は良い曲ばかりだなぁと思いました!

jamestribute2003.jpg

こちらは5年前のツアー写真の中から1枚♪ 左から、徳武弘文さん、小松久さん、ケイコ、JAMES BURTON!良かったらこちらをご覧ください!
Plantline.gif

もうとっても素敵なライヴでした~!

昨夜は来日していたCHRIS HILLMANとHERB PEDERSENのライヴへ行ってまいりました。ライヴと言っても私達がお招き頂いたのはCOLLINGS GUITARの日本発売15周年のパーティー。輸入代理店、トーラス・コーポレーション様にご招待頂きました!



SHIMEと2人でCHRISとHERBと一緒にお写真も撮って頂きました!


初めは1時間のライヴをこのパーティーで予定されていたのをやく2時間近く演奏をしてくれたCHRISとHERBでした!懐かしい曲がいっぱい!私は10代後半から20代はエミルーハリスに影響を受け、クリスやハーブが参加しているアルバムもあり、そこからFLYING BURRITO BROTHERSやHERBのそろアルバムを良く聴いていました。昨日も私が大好きだったHERB PEDERSENのソロアルバムに入っている「WAIT A MINUTE」も聴けてと~っても嬉しかった!


こちらのお写真は、もう長年の友人でもあり、楽器のことでもお世話になったり、そしてケイコのソロやBROKEN ASHESのアルバムでライナー・ノーツを書いてくれている白井英一郎氏です!白井くんは今回ハーブとクリスの取材もしているようです。8月号の音楽雑誌「プレイヤー」をみてみてね!


SHIMEと私が取り上げている曲がたくさん彼らもデュエットしていて何だか楽しかった~!帰りはまたSHIMEくんと2人で「いや~良かったね~~~」と言いながら盛り上がり帰宅です。



こんなに素敵なパーティーにお招き頂いたのがとても嬉しいです、本当にトーラス・コーポレーションの中村様ありがとうございました!最後にみんなで記念撮影!トーラスコーポレーションの中村さん、TOM'S CABINの麻田さん、そして先日ラスト・ショーのライヴでご一緒させていただいた、有田氏も!


記念して作られたLEATHER POUCHをプレゼントで頂きました~!

可愛いラブラブ


待ちに待ったエミルーのBOX-SET
何年待ったであろう!



懐かしいです!
ケイコの青春かな~?! 
私が10代の頃、とても憧れたシンガーEMMYLOU HARRIS ! 
彼女がいたから私は歌手になったのかもしれない。 
彼女がいたからギターを弾き始めたのかもしれない。 
というくらい当時の私が影響を受けたエミルーハリス。
語り始めたら止まらないくらいです。 
エミルーマニアと言っても良いくらい彼女のCD、ビデオ、本など、などたくさん我が家にはあるのですが、この新しく出たボックスセット、『SONGBIRD』はと~っても美しく出来上がっていて、宝物がもうひとつ増えたという感じです。
枚組のボックス、1枚は70年代のエミルーの映像と現在の映像とが入っているDVD。
そのほか、CDには未発表曲も多く入っています。
映像もとてもきれいだし、JAMES BURTON や ALBERT LEEがいる頃のホット・バンドの映像がとても貴重です。
以前、私が共演できた大好きなギターリスト、JAMES BURTONも彼のライヴにエミルー役として出演させていただいたからでした。
これからもずっと歌い続けて欲しいですね!


先月やっとテレビで放送されたので観ました。 と~っても良い映画だったな! 今回観た映画は「WALK THE LINE」。  子どもの頃からずっと聴いていたJOHNNY CASHの伝記映画。  子どもの頃のイメージとしてはとても怖そうな人に見えていたJOHNNY CASHがあんなにも弱くて一途に1人の女性を愛していたなんて思っても見なかった・・・  体は大きそうだし、顔は怖いし、歌詞の内容もハッピーでは 無いし、、、人は見かけによらないって本当ね!

いくら好きでもくすりとお酒でボロボロになって行くJOHNNYと一緒になれないと言い続けるJUNE CARTERの気持ち、凄い分かるな~! しかし、あれほどにも純粋に愛されたらNOといい続けられないよね。 音楽家同士が惹かれあうのは全然不思議では無いし、逆によくあることだと思うの、そういうラヴ・ストーリーはたくさんあると思うのね。  自分の憧れだった人に出逢ってしまって、同じステージに立つことになり、障害はいっぱいあっても結ばれたなんて、と~っても素敵だよね!  最後はJUNEが亡くなって、追うように4ヵ月後にJOHNNYも逝ってしまうし・・・  運命ってやっぱり凄いのね・・・ 私の世代としては、映画の中では子役としてしか出てこなかったが、2人の子ども達、と言っても2人の間に出来た子どもたちでは無くて、前の結婚で出来た子どもたちであるROSANNE CASHとCARLENE CARTERはとてもよく聴いた歌手たちで。 私自身音楽の世界に入った直後にROSANNEの「SEVEN YEAR ACHE」とかCARLENEの「I FELL IN LOVE」なんかは私も取り上げていたしね! そして、そして、2004にはROSANNEと同じイヴェントに出演した時に逢えたのは凄い嬉しかった! 改めて思うとCARTER FAMILYから始まって、すごい歴史ある音楽家族なんだなぁ~って。 この映画、音も良いしとてもおすすめよ! まさにここから生まれたんだわ~「トレイン・ビート」って感じです!

やっと観ることが出来ました!
中々映画館に行かない私は良い映画を見逃すことが多いのですが、テレビで放映してくれたのでやっと観ました! 
と~っても良い映画だったな!
今回観た映画は「WALK THE LINE」。 
子どもの頃からずっと聴いていたJOHNNY CASHの伝記映画。 
子どもの頃のイメージとしてはとても怖そうな人に見えていたJOHNNY CASHがあんなにも弱くて一途に1人の女性を愛していたなんて思っても見なかった・・・ 
体は大きそうだし、顔は怖いし、歌詞の内容もハッピーでは無いし、、、
人は見かけによらないって本当ね!
いくら好きでもくすりとお酒でボロボロになって行くJOHNNYと一緒になれないと言い続けるJUNE CARTERの気持ち、凄い分かるな~!
しかし、あれほどにも純粋に愛されたらNOといい続けられないよね。
音楽家同士が惹かれあうのは全然不思議では無いし、逆によくあることだと思うの、そういうラヴ・ストーリーはたくさんあると思うのね。 
自分の憧れだった人に出逢ってしまって、同じステージに立つことになり、障害はいっぱいあっても結ばれたなんて、と~っても素敵だよね! 
最後はJUNEが亡くなって、追うように4ヵ月後にJOHNNYも逝ってしまうし・・・ 
運命ってやっぱり凄いのね・・・
私の世代としては、映画の中では子役としてしか出てこなかったが、2人の子ども達、と言っても2人の間に出来た子どもたちでは無くて、前の結婚で出来た子どもたちであるROSANNE CASHとCARLENE CARTERはとてもよく聴いた歌手たちで。
私自身音楽の世界に入った直後にROSANNEの「SEVEN YEAR ACHE」とかCARLENEの「I FELL IN LOVE」なんかは私もり上げていたしね!
img049
そして、そして、2004にはROSANNEと同じイヴェントに出演した時に逢えたのは凄い嬉しかった!
改めて思うとCARTER FAMILYから始まって、すごい歴史ある音楽家族なんだなぁ~って。
この映画、音も良いしとてもおすすめよ!
まさにここから生まれたんだわ~「トレイン・ビート」って感じです!

私の大好きなアルバムのひとつです・・・
RODNEY CROWEL の「AIN’T LIVING LONG LIKE THIS」

ロドニーは作曲家として評価が高い。彼の書いた曲を多くのアーティストたちが取り上げています。この作品は1978年の彼のファースト・アルバムになります。

私としては彼のアルバムの中で1番好きなアルバムになりますね。プロデューサーはエミルー・ハリス の前夫「BRIAN AHERN 」。参加しているメンバーも凄いです!ミュージシャンはGUITARにJAMES BURTON、AMOS GARRETT、ALBERT LEE、RY COODER。DRUMSはJIM KELTNERなど、すごいメンバー。そして、ヴォーカルにはEMMYLOU HARRIS、WILLIE NELSON、NICOLETTE LARSONなどこれまた凄いメンツです。

曲は本人の書いた曲以外にカヴァーもある。HANK SNOWやELVIS PRESLEYでヒットした「A FOOL SUCH AS I」はとても良い感じでアレンジされています。

rodneycrowell


「I THOUGH I HEARD YOU CALLING MY NAME」を私のファースト・アルバム、「RED IS THE ROSE」でカヴァーしていますが、初めて聴いたのはこのロドニーのヴァージョンでした。

「VOILA, AN AMERICAN DREAM」は、「NITTY GRITTY DIRT BAND」で有名ですが、実はロドニーの曲です。ダート・バンドの方はLINDA RONSTADTとのデュエットですが、このロドニーのヴァージョンはEMMYLOU HARRISとデュエットしています。

あと、もう一曲私の大好きな曲が最近では確か、カントリー歌手のALAN JACKSONがカヴァーしていますが、「SONG FOR THE LIFE」、素晴らしい曲です。

KEIKOの憧れの男性、J. D. SOUTHER の紹介ルックスも声もだ~い好き!

J.D.はソロアルバムを4枚リリースしています。今回紹介するこのアルバムは1984年に出た4枚目。その後、1枚もリリースしていないのがとても残念です・・・70年代、活躍していたアーティストの一人、イーグルスのメンバーとも大の仲良しだったそうです。

jd-home


最近では、このアルバムに入っている4曲目の「I’LL TAKE CARE OF YOU」をカントリーグループ「DIXIE CHICKS 」がカバーしています。ジョンはソロアルバムの他、「EAGLES 」や「LINDA RONSTADT 」のレコーディングにも参加しています。

本当に甘くて素敵な声ですよ!聴いてみて !

凄いね~今になって色々明かされる・・・って感じですけど、

私がGRAM PARSONS の存在を知ったのはもちろん彼が亡くなって後、EMMYLOU HARRIS を追究していったら必ず知ることになる。とっても波乱万丈な人生だよね。それも27年しか生きていないのに。。。何十年も立った今でもこうしてBIOGRAPHYのDVDが出るなんてやっぱりアーティストなんだよね。

gramfallen1



このDVD、出演しているメンバー凄いよ!EMMYLOU HARRIS , CHRIS HILLMAN, BERNIE LEADON, KEITH RICHARDS, DWIGHT YOAKAMそして、ケイコが共演出来て本当に嬉しかったギターリスト、JAMES BURTONも出演している。あと、、、FLYING BURRITO BROTHERS解散後、WILLIE NELSON AND FAMILYのベーシストとして活躍していたCHRIS ETHRIDGEも出ている!凄いカッコ良い!!!

主にINTERVIEWが多いのだが、なんと、GRAM とEMMYLOU が一緒に歌っているシーンがちらほらと出てくる。昔はこういった彼らが動いている映像が無くて、凄い残念に思ったことを覚えている。しかし、今聴いても二人のハーモニー、良いね!もちろん、言うまでも無く私とSHIMEのユニット、BROKEN ASHES は私達が好きなデュオの中でも1番影響を受けているのは間違えないと言える。GRAM & EMMYLOU の他にはJAMES TAYLOR & CARLY SIMON、JAMES TAYLOR & JONI MITCHELL 、J.D. SOUTHER & LINDA RONSTADTといますが、、、SHIMEにもおすすめしようっとこのDVD!何だか次回のBROKEN ASHES ライヴが楽しみになって来た~♪


久々に高田馬場にあるカントリーのライヴスポット、ロンスターカフェに遊びに行ってきました!
ケイコは金平さんと久しぶりに"Bartender's Blues"を歌いました!
77cdae90.jpg

カントリー大好きと言うとっても明るい歌手の奈央子ちゃんと☆<
9205bcf6.jpg

焼肉屋さんで頂いたハートの形をしたアイスクリーム!
78298cf9.jpg

↑このページのトップヘ