☆Keiko Walkerの気になること、気になるもの
Official Website→http://keikowalker.com

☆2020年10月よりStand FMよりラジオ放送をスタート致しました。
気ままに更新中です!みなさん聴いてください〜!
https://stand.fm/channels/5f70b47bf04555115d1dc7ee

☆只今前Blogよりこちらのブログへお引っ越し中です。
徐々に過去の記事もこちらで見れる様にUploadしています。
もうしばらくお待ちください。

☆2020年3月より予定しておりましたライヴ、イベントなどは現在のコロナウィルスの状況により全てキャンセルさせて頂いております。今後のライヴ、イベントが決まり次第皆様にお知らせさせて頂きます。

*:..books・:,..

中々このような本は出版されないので嬉しいから買ってきたよ🎵
 
 
o1080108014695675734

 
 
私の古くからの友人で音楽評論家の白井英一郎氏も書いているのでそれは買うでしょ😉白井くんには私のアルバムのライナーノーツも書いてもらっていたり、Keiko Walker Bandに居たこともあります。
ここ数年カントリーファン以外の方々に私のライブを見て頂くきかいが増えました💕Keiko Walkerの音楽のルーツが分かる一冊かも知れませんよ😉
 
しかし購入するのに感じたことは最初に行った割と大きめの本屋さんでは"取り寄せになります"と言われ、もっと大きな本屋さんで購入。出版されるのは最高に嬉しいけれど"こう言う類い売れないから取り寄せ"では無くもっとカントリーファン以外の人の目につく様積極的に売って欲しいですね。
 
チラッと見たら子どもの頃から持っているアルバム達が載っていて、日本で出版される本では私的には殆ど無い事なので嬉しいです(笑)これから日本語も頑張って読んで見ようと思います😅
#countrymusic #keikowalker #白井英一郎 #レコードコレクターズ増刊 



昨日FBのTimelineで1月22日にKeikoのライブでBanjo、Mandolinを弾いてくださる有田さんがこのGuitar Magazineを紹介していたのを見て興味津々🤩

今日早速買って来た。



o1080108014339128254




 

表紙がめちゃタイプ💕

と思ったらあしゅらさんだった〜😊

 

そして中を見たら徳さん(徳武弘文)、亮ちゃん(長岡亮介)、麻田浩さんと嬉しくなるほど知り合いばかり😊

おまけにJames Burtonの話題でGibson j200を弾くEmmylouの写真まで💕

 

そして亮介と電話で話したら偶々共通な知り合いのミュージシャンとリハ中だったらしく丁度私の話題になってたらしく大盛り上がり❤️

色んな繋がりに感謝とワクワク💕

 

私の中では何となくタイムリーで、1月22日は有田純弘・岸本一遙・YUKITO・満園英二と共にカントリー中心にBluegrass、Countryの楽器で特別ライヴをします!

益々わくわくして来たのでした❤️

 

o0900063314339113558

 

#keikowalker #countrymusic #country #guitarmagazine #ギターマガジン

 

やっと行ってまいりました~!niko*

BUNKAMURAで行われている~宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々ラブラブ いつも行こう、行こうと思いつつも日にちだけが過ぎてしまって中々行けないことが多いので、今回はしっかり予定して行ってまいりました!もうと~っても素敵!キラキラキラキラ 




何年前でしょう!? 私がREDOUTEのバラに出会ったのは、確か15年ほど前でしょうか??? ある本との出合いでした。 この小さな本、と~っても素敵なルデゥーテのバラの絵が描かれていて、感激をしたのを覚えています。 以前からバラが大好きだったので色んなバラの絵柄の本やティー・カップ、小物、そしてPAINTINGSを集めておりましたが、今までに見たことの無いような絵に大感動をしました。 それからは彼のPAINTINGSが取り上げられている本などを入手していました。


ここ数年日本でも人気が出たので色々なグッズが販売されております。 今回の展示会では多くの絵が展示されておりとても素敵でした。 所々にバラの香りがふわぁ~っと香っていてなんとも優雅な気分に浸ってまいりました。

そして、展示会の後はやはりグッズの販売コーナーを見るのが楽しみですよね!今回はファイルを購入! 多分これからライヴへはフライヤーや歌詞などを入れて持ち歩いていると思われます・・・

しかし、あのSPICE ROSEの香りが素敵でした~!欲しいな~!

ワンちゃんを飼いだして私は20年になります。現在は今月で2才になるマルチーズ、ANGELINAを飼っています。これまでに3匹の同じくマルチーズを飼っていました。

yakusoku


天使になった3匹はママのSISSY、パパのFLUFFY、そしてこどものLACEYでした。レイちゃんは昨年の12月に16才で天国へ逝きました。私はずっとレイちゃんに長生きしてね、出来る限り一緒に居てね、とず~っと言っていた気がします。その約束を彼女は最後まで守ってくれて、とても長生きしてくれたと思います。

本当にとても良い子でママの言うことをちゃんと聞ける子でした。

そして、現在我が家に居るアンジェリーナにもずっと語りかけています。ず~っと一緒に居てね、長生きしてね、と!そして私から甘えん坊なアンジェに約束したいこと・・・今の日本ではまだまだ連れて行ける場所は限られています、でも許される限り、出来る限り、いつも一緒に居ようね! 

この「約束~最愛の犬たちへ」は飼い主の方々、有名人から一般の方々までがワンちゃんたちとの約束書いてある本です。素敵な約束がいっぱいです!

4月3日は私の母の命日でした。
2006年の桜が咲くこの素敵な季節にママは旅たちました。

ママの看病をしに毎日病院で泊り込みしていた病室の窓から見える桜の木、ママのお葬式を行った教会の周りには満開な桜の木。2年も経つ今でも色鮮やかに記憶の中に残っています。

oyano


母ひとり、子ひとりで育った私にとってママはとても大きな存在でした。とても厳しい人で何度も反発をしたり、何度もケンカをしたりもしました。しかし、私にとっては母という存在だけでなく、姉妹でもあり、親友でもありました。子どもの頃から亡くなるまでずっと私の話をよく聞いてくれました。子どもの頃から私は1日あったことを初めから最後まで毎晩のようにママに話をしていました。厳しい人ではあったけれども、物わかりの良い母だった気がします。

好きな人が出来るといつも真っ先にママに逢わせました。恋愛中の時ってちゃんと自分では見えていないこともあって、「LOVE IS BLIND」と言いますが、意外と母親の見る目って正しくて当たっていることが多かったと思う。

恋愛だけで無く、色々なところでママの教えが今の私の中にある。子どもの頃は怖いなって思っていた厳しい母でしたが、今は厳しく育ててくれてよかったなと思うこともたくさんあります。

先日、母の命日も近いし、良さそうな本があったからと「親の家を片づけながら」という本を頂きました。原作はリデア・フレムというフランスの精神分析学者が書いた本です。英語訳を探してくれたみたいなんだけど、探せなかったから読めたら日本語訳を読んで、って。こんなに素敵な本に出逢えてとても嬉しいなって思います。

親の死、親と子にしか体験出来ない思いや出来事が適切に書かれています。この本を書いたフレムも一人娘みたいで私が同感出来る思いや体験が書いてある。SPIRITUALな部分も、法律的な部分も私が感じたことがびっしり書いてあります。

Twas the Night Before Christmas: A Visit From St. Nicholas

Twas



THE NIGHT BEFORE CHRISTMAS 私の宝物です。子どもの頃母からもらった大切な絵本。今でもクリスマスには必ず一度はページを開きます。

小さい頃は全て暗記していたくらいとても大好きなお話。 CLEMENT C. MOOREという作家が書いた本でアメリカではだれもがと言って良いほど知っている本です。クリスマスの本の中では一番有名なんではないでしょうか!?

週末は秋晴れという感じでとても良いお天気でしたね~!
今週はこんな良いお天気が続くのでしょうか!?



秋に入って直ぐはちょっぴり寂しい気持ちにいつもなるのですが、だんだんと冬が近づいてくるとちょっとホッとします。
前にも言ったけど何だか冬の包み込んでくれるような感じがとても好きなの!
ちょっと寒かったけど、お散歩がとても気持ち良い1日でしたね。
今月の初めに久々に取り出したアンプの電源コード が行方不明でした。
楽器屋さんへ行って購入です!
やっと音が出たよ~!
そうそう、なんと2年近くなるかしら、久しぶりに電車に乗ってみました~!
パニック障害を経験してからはあまり乗らなくなってしまった電車、久々に乗ったら楽しかった~!
また乗るのがちょっと楽しみになったかな・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Autumn from the Heart of the Home
価格:5454円(税込、送料別) (2020/10/5時点)


寒いよ~~~
どこへ行ってしまったのかしら?
秋は?
これではかぜひく人が多いのしかたがないよね・・・ 
私もひかないように気を付けないと!
今日はお家で書斎の整理をしていました。
暮れの大掃除の為のお掃除
色々出てきます!
お写真や本、書類の山、など、など・・・
お写真や本は見始めてしまうと大変です。
中々先に進めない
こんなことあったな~とか懐かしいな~とか思い始めると大変です。



やはりヴィクトリアンの本が我が家には多いみたい。
英語も日本語もVICTORIANな世界。 
シャーロック・ホームズ、ジェーン・オースティン、ピーター・ラビットの世界です。
そういえば、映画「MISS POTTER」が只今上映中だと思うんだけど、まだ観てない・・・
早く行かないと終わっちゃうよね!



書斎へ入ると私の机の椅子に座って待つアンジェリーナです必ず一緒に座りたがるのです。

素敵な本がまた一冊・・・

続けて雅姫さんの本、「リネンとかごとヒヤシンス」が届きました。

とても可愛らしいエッセイ集です。

1年間の12ヶ月の過ごし方や色々ヒントになるような本です。

127175596541216205233_masakilinentohiacynth.jpg


レシピーも載っていたりして色々作ってみたいななんて思わせてくれます。

大切な本のひとつになります。

「やさしい生活やさしい時間」
という雅姫さんのシリーズを購入!
とても好きな本になりました。

127175605550016302951_masakibooks.jpg


雑貨やインテリアが美しく撮られていて
写真にハマっている私にはとてもカメラの勉強になります。

載っている家具や雑貨は全てナチュラルなものばかり。
自然を感じれるものたちでとても美しいです。

他にも雅姫さんの本があれば欲しくなってしまいました。

こちらは何年か前に見つけた本です。

onbeingamother


年々もの間取っていた雑誌、「VICTORIA MAGAZINE」が出版した別冊!色々なテーマで出している別冊の中からこちらは「MOTHER」をテーマに出版された1冊です。 中にはお母さんささげられた詩が載っています。

写真や絵もとても素敵でもちろんヴィクトリア朝一生大切にしたい本です。

まだあるの~とお思いでしょう、、、
もうこの際だからもうひとつ続けて・・・
ほんとにいつもお引越し屋さん泣かせな本だらけな我が家
P1211185
この雑誌は現在も「ROMANTIC HOMES」というタイトルで月刊出版されています。・・・
ということは、まだまだ増えるの~???A=´、`=)ゞ
最初に出版された時は1991ねんで「VICTORIAN SAMPLER」というタイトルで出版されていました。「VICTORIA」も「VICTORIAN DECORATING」もこのころ出版し始めたのですから、この頃アメリカではブームだったのかしら!?
途中からなぜか「ROMANTIC HOMES」として我が家に届き始めました。
今ではヴィクトリアンにこだわらず、ロマンティックな可愛い素敵なインテリアが紹介されています。
P1211184
P1211181
こちらは以前のロマンティック・ホームズの表紙たちです!

またまた昨日に引き続き雑誌コレクションです。
これまたヴィクトリア朝そして、「VICTORIA」に続いて廃刊してしまいました。。。
「VICTORIAN DECORATING & LIFESTYLE」という雑誌。
P1201177
こちらの雑誌は主にインテリア。
ちょっぴりロマンティックな雰囲気のデコレーションです。
私が一番この雑誌で好きな部分は必ず1冊の中に歴史の記事があるところ。
勉強になります。 
P1201176
王妃や文化人の生きかたや歴史が読めます。
それもちょっぴりロマンティックな取り上げかたをしていたところかな。
私はイギリスやフランスの王室の方々の歴史が大好き!
学生の頃もこのくらい歴史や勉強に興味があったら良かったのにな~なんて思います。
今だったら凄い歴史のお勉強をするのにね・・・
数学や理科は今も苦手ですけれども

お友達とごはんの後、ギターの玉三郎が久しぶりにベースの五十川さんと仕事だよとのことで、合流!なんかいっぱい音楽話をして満足です!
やっぱり良いね!
ミュージシャン仲間は!
最近また取り出して見ているものがあります。
P1201169
長年SUBSCRIBEしていた雑誌「VICTORIA」です。
とってもエレガントでラヴリーな雑誌なの。
ケイコの大好きなバラがいっぱい!
今では残念ながら廃刊になってしまいましたが。
ほとんど出版された時から廃刊までのものをいまだに大事に保管してあります。
時々出しては見たりして
実は、とってある雑誌シリーズはこれだけでは無いの・・・
そちらはこんどまた紹介しますねいつかはこうして集めて来た本や雑誌を読める図書館のようなティー・ルームが出来たら良いな~!

母が亡くなった今、本屋さんに行った時に目に入って来た本がありました。
伊藤緋紗子さんという方の本です。とてもエレガントな素敵な方です。

maman


偶然ですが、読んでいたら伊藤さんは横浜出身であり、なんと学校は横浜雙葉学園。私は横浜雙葉学園の姉妹校である「サン・モール・インターナショナル・スクール」です。本を読んでいたら中の写真の中に私達の校長先生のお写真もあり、とてもびっくりいたしました。

女性の身だししなみがとても大切、素敵なレディーへの道のような本です。今思えば身だしなみにはとてもうるさい母でした。なんでもきっちりしていました。私とは正反対・・・

思い出の1冊!
とても思い出のある本でもあるのですが、とても大事なきっかけとなった本です。

akagenoann


私が骨折の為3ヶ月ほど入院をしていた時に玉ちゃん(山口玉三郎)が買ってきてくれた1冊である。もともと「赤毛のアン」がだぁ~い好きな私のために買ってきてくれた。はじめは「こんなに厚い本(318p)、漢字もいっぱいだし読めるはずが無い!」と私は1ヶ月以上そのままにしてあった。

ある日、病室に置いてあった本(洋書)も雑誌も全部読んでしまって他に読む物が無かった。何となく手に取ってみてパラパラとページをめくり始めたら「なんだか面白そう!」赤毛のアンの時代の生活を細かく書いてあった。 うん。。。面白!!

読み始めたらと~っても面白くてとまらない!漢字はもちろん難しいから読めない字がいっぱい。しかし、この本を読みたいために今度は玉ちゃんに電子辞書を買って来てもらい毎日少しづつ漢字を調べながら読んでいきました。

今ではほんとに感謝!この本に、そして買って来てくれた玉ちゃんに。。。おかげで我が家には大分日本語の本が増えて来ましたよ!

↑このページのトップヘ