☆Keiko Walkerの気になること、気になるもの
Official Website→http://keikowalker.com

☆2020年10月よりStand FMよりラジオ放送をスタート致しました。
気ままに更新中です!みなさん聴いてください〜!
https://stand.fm/channels/5f70b47bf04555115d1dc7ee

☆只今前Blogよりこちらのブログへお引っ越し中です。
徐々に過去の記事もこちらで見れる様にUploadしています。
もうしばらくお待ちください。

☆2020年3月より予定しておりましたライヴ、イベントなどは現在のコロナウィルスの状況により全てキャンセルさせて頂いております。今後のライヴ、イベントが決まり次第皆様にお知らせさせて頂きます。

January 2008

ニュース番組を観ていたら、
”イヌ命な女たち”みたいなタイトルでワンちゃん特集をしていました。
私もこうした親バカなひとりだなぁ~なんて思いみていました。
だって可愛いもんね~



美しいアンジェリーナで~す

ライヴへ来てくださったみなさま本当にありがとうございました
朝目が覚めたら外は雪・・・
どうしよう??
と心配になってしまいました。
でも本番をむかえたらたくさんの方々が来てくださっていて本当にホッとしました。
みなさん寒い中を本当にありがとうございました!
KEIKO WALKER BANDとしてのライヴ3ケ月振り?4ヶ月ぶり?という感じでとても久しぶりにみんなで楽しく過ごしました。
正式メンバー、山口玉三郎、林孝明、そして嶋田吉隆に加え、今回は普段と違う形でSPECIAL GUESTにPEDAL STEEL GUITARの村中靖愛とFIDDLEのHARUKAをむかえてカントリーショー。
そして前日に急遽決まった古橋一晃くん、もう贅沢な豪華メンバーで最高でした!
何年振りだろう?
あんなにたくさんのカントリーナンバーを歌ったのは!?
子どもの頃に聴いた音楽ってやっぱり良いね~!
懐かしくて~!
以前からいつかこういうカントリーショーをしたいななんて思っていて、本当はカントリー大好きだった私の母に聴いて欲しかった~!きっと天国で喜んでいると思います。
今年は私の25周年ということもあって、25年間の音楽生活をちょっぴり振り返りたいなと思っています。
今回のこのショーはVOL1ということで今年はVOL.2、3、4と何度か続けたいなと思っています。
まだまだ歌いきれなかった私の思い出の曲、小学生の頃よく聴いたCARPENTERSやOLIVIA NEWTON JOHN、WANDA JACKSONとまだまだ続きます!
みなさんぜひ楽しみにしていてくださいね!
そして、プレゼントをたくさんありがとうございました!
さっそく頂いたお菓子でティータイムです。



中々更新できず、大変失礼しました。
何度か見てくださったり、メッセージをくださったみなさま本当にごめんなさい。
何とか元気で新しい年を向えました。



みなさまに可愛がって頂いたケイコの愛犬、LACEYが昨年の暮れ、12月14日に天国へ逝ってしまい、私自身、暮れからお正月にかけてとっても落ち込んでしまい、何も手につかない状態でした。
昨年の11月頃から介護生活が始まり、ほとんどつきっきりでスポイトでお水や食事を与えていました。
最後の最後までと~っても頑張って、亡くなる前日まで口から食べてくれました。
1日おきの点滴にも通い、本当に頑張りました
16年と7ヶ月とマルチーズの寿命は10年から16年と言われているのでとても長生きです。
それでも16年間ずっと一緒にいた子が居なくなってしまうのは本当に悲しくて、寂しくて耐え切れない思いでした。
とても可愛くて、私の思いや感情を読み取ってくれているかのようにいつもそばに居て私を支えてくれたレイちゃんでした。
一昨年母を亡くした時も私が寂しく無いように、本人体力がかなり落ちていたのにずっとそばに居てくれました。
お医者さんにも体力に限界が来ていますと昨年の2月ごろから言われていたのですが、それから10ヶ月も頑張ってくれました。
今でも色々と後悔ばかりです。
もう少しこうしてあげれば良かったのでは無いかとか、こうして欲しかったのではいかとか、、、
人によってはもうこんな悲しい思いはしたく無いからもうワンちゃんは飼わないはと言う人が多いのですが。
確かにもうこんなに悲しい思いはしたくないと思いますが、LACEYのように私にたくさんの楽しい思い出と素晴らしい時間をくれたのだからもう飼わないなんて言えないな・・・
これからはもう1匹いるアンジェリーナをレイちゃんと同じ用に大事に大事にしたいと思います。
これから10数年レイちゃんがくれた素敵な時間と思い出のようにアンジェリーナもくれるのでしょう!
レイちゃん、本当にありがとう!

↑このページのトップヘ