Keiko Walker's Official Blog

音楽とアンジェリーナとアナベルのこと❤

September 2009

 

近頃、今までの出逢いの中でとても特別な出逢い、

わたくしにとって親友だった友人たちと再び出会えています。

 



以前もこんなにインターネットの時代になって良かったなって思いましたが、

その時の記事です・・・

再び嬉しく思っています。



相手が海外へ帰ってしまって、お互いにお引越しを何度もしているうちに、

連絡が取れなくなってしまう・・・

そんなことがとても多いんです。

 

 

 

再会した親友が送ってくれました。

何だかとても良いなって思ったので載せますね。

 




People come into your life for a reason, a season or a lifetime.
When you know which one it is,
you will know what to do for that person..


When someone is in your life for a REASON,
it is usually to meet a need you have expressed.
They have come to assist you through a difficulty, to provide you with
guidance and support, to aid you physically, emotionally or spiritually.
They may seem like a godsend and they are.
They are there for the reason you need them to be.
Then, without any wrongdoing on your part or at an inconvenient time,
this person will say or do something to bring the relationship to an end.
Sometimes they die. Sometimes they walk away.
Sometimes they act up and force you to take a stand.
What we must realize is that our need has been met,
our desire fulfilled, their work is done.
The prayer you sent up has been answered and now it is time to move on.




Some people come into your life for a SEASON, because your turn has
come to share, grow or learn.
They bring you an experience of peace or make you laugh.
They may teach you something you have never done.
They usually give you an unbelievable amount of joy.
Believe it, it is real. But only for a season.




LIFETIME relationships teach you lifetime lessons, things you must
build upon in order to have a solid emotional foundation.
Your job is to accept the lesson,
love the person and put what you have learned to use in all other
relationships and areas of your life.
It is said that love is blind but friendship is clairvoyant.


Thank you for being a part of my life, whether you were a reason, a
season or a lifetime .

 

 


teddyshelf.gif

 

 


 

ここ数日、お天気も良くてとても過ごしやすい日々が続いております。

やはりこのくらいの陽気が良いです。

 

frame.jpg 

 

とても美しい影だったのでカメラカメラで・・・

 

 

今週お気に入りなのがiTunes Radioのクラシックチャンネル♪

今ハマっています。

クラシックの中でもわたくしはバロック音楽です♪

 

ange.jpg 

 

 

 

本日もレコーディングでスタジオに入っておりました。

何だか落ち着きます。

スタジオワークは。

 

 

今日のレコーディングはなんと言いましょう・・・

隠し味びっくりはてな

メインの音はかなり前に終えております。

でも本日録音した音などは目立たないけどと~っても

重要な音作り。

これが楽しいんですよ好き

重要なパートだけあって、

やはり味の素で無く、天然塩でないとダメなんですね、

わたくしとしてわっ!

かなり注文がうるさいです。

メンバーは大変です。

 

 

いつもは私が大まかなイメージでアレンジとコンセプトを伝え、

それを玉三郎がアレンジというパターンが多い。

今回のアルバムに関してはほぼ細かいアレンジまで私自身が指示して

録音しております。

でももちろんこれも私が信頼しているミュージシャン達だからこそ

生まれてくる音楽です。

 

 

長年一緒に音を出しているからでしょうか・・・

私の分かりづらい表現でも

一発でjumee☆faceA173TAKEが取れる。

素敵です。。。

さすがです。。。

 

 

今から出来上がりがとても楽しみです266

 

 

 

roseline3.gif 

 

 

 


副作用予防の為、先週は眼科検診

このお薬、白内障にもなる人がいるみたいです。
私の場合、今のところ無事です

視力も今までと変わらず、とても良いです♪

良かった~

ただね、この検査、毎回瞳孔を開くため、数時間ぼや~っとしか見なくて大変です。。。
直ぐに運転も出来ないから時間つぶしが大変。

127175388221616204235_teddy.jpg


インフルエンザが流行っているから病院内にいるのもちょっと・・・と思い、
愛車の中でテディーちゃんと過ごしました。

こんな時アンジェが一緒だったらなぁ

 

 

今日はとてもムシムシ。。。

早く涼しくな~れ~ハート

 

 

 

 

本日もレコーディング♪

今日は玉三郎のパートとケイコのギター取りです!

 

 

recwithange.jpg 

 

 

こちら側で玉のギターやピアノ取りを

『良いんじゃない266』とか、

『もう一回ちょうだぁ~い』とか

注文付けるアンジェとケイコでしたjumee☆faceA216R

 

 

 

そしてケイコのギター取り!

 

 

私の相棒、 GIBSON J-200 びっくりマーク☆

レコーディングはいつもこちらのBLONDE♪

もう20年以上の付き合いになるが、

今日もまたヘッドフォンから聴こえてくるマイク取りの

相棒に惚れ惚れいたしましたぁ~好きハート

 

 

 

j200.jpg 

 

 

 

そして、そして、

久々に KEIKO WALKER チームが3人。。。

いえ、いえ3人と1匹はてな

 

 

山口玉三郎と林孝明(and ANGELINA)が揃ったので、

ミーティング~~~8分音符-x2Beamed*Cherry(白い背景用) †SbWebs†

 

 

 

 

アンジェリーナはこのお二人が大好きですの345

 

 

tamaange.jpg 

 

 

私のプリンセスをマックで釣る玉と林・・・

いけませんことよ怒

 

 

 

roseline.gif  

 

 


 

9月になりました~!

大分涼しくなってまいりましたね。

これからどんどんと過ごしやすい日がやってくる・・・

嬉しい~~~~jumee☆faceA216R

 

 

 

今月から中断しておりましたレコーディング作業にやっと戻りましたぁ~!

んんん・・・やっぱり楽しい!

 

 

まだまだお薬も強いので、

スタジオの空気をスタッフも気にしてくれていて、

人数も最小限で作業に取り組んでおります。

インフルエンザが怖いですからね・・・

今うつったら大変です。

 

 

rec1.jpg

 

 

こうして、アンジェリーナも応援してくれているようなびっくりはてな

ママが作業モードに入るとこうして静かになります!

そして休憩モードに入ると分かるようでアンちゃんも動き始めます。

 

 

recange.jpg 

 

 

ライヴやコンサートももちろん楽しいのですが、

こうして作品を作っている時が266しあわせです266

 

 

 

 

rose-line-4.gif 

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ